イメージ画像

よくある質問

「離婚協議のダル夫妻 紗栄子は月1000万円の養育費を要求」とありますが、実際のところ・・・

Mother and baby gorilla
Mother and baby gorilla / mape_s

ソースはこちら

http://news.livedoor.com/article/detail/5247649/

奥さん側の知人が言ったとのことですが、

「ダル側は慰謝料1億円と2人の子供が成人するまでの養育費月100万円を提示したが、紗栄子側は慰謝料なしで、養育費を月1000万円にしてほしいと主張していると聞きます。」

らしいです。

この投稿の続きを読む »

関連記事

夫が5年前に蒸発して帰ってきません。離婚できますか?

どこにいったとも知れない夫を待つよりは、なんとなくいい人もできたし結婚したい。

離婚せずに結婚してしまえば重婚になってしまうし・・・

このような場合はどうしたらいいでしょうか。

この投稿の続きを読む »

関連記事

一度の浮気を理由に離婚することができますか?

した方としては「たった一度だけなのに・・・」

された方としては「たった一度だぁーーーー!!!!」

となってしまいそうですが、法律的にはどうなんでしょう?

この投稿の続きを読む »

関連記事

もうすでに離婚したのですが、今になって財産分与や慰謝料を請求できますか。

離婚と同時にするのが一般的ですが、離婚後にすることも可能です。

しかし、離婚のときから2年で財産分与はできなくなります。

また、3年で慰謝料請求は時効になります。

男女問題についてのご質問・ご相談はこちらから

関連記事

慰謝料の額はいくらになりますか。

一概に言えるものではありません。

学説では、

  1. 離婚の有責性の程度
  2. 背信性
  3. 精神的苦痛の程度
  4. 婚姻期間
  5. 当事者の社会的地位
  6. 支払能力
  7. 未成熟子の存在
  8. 離婚後の要扶養

などを要素に決めるとしています。

慰謝料の請求は内容証明が役に立つでしょうし、

離婚協議書で金額が定まった場合はそれを公正証書にしておくべきです。

後で不払い問題が生じた際に手続きが楽になるからです。

内容証明・公正証書の作成、男女問題についてのご質問・ご相談はこちらから

関連記事

長年夫の仕事を手伝ってきましたが、無給で財産はすべて夫名義にされています。財産分与は受けられないのでしょうか。

夫の名義になっていたとしても、夫婦が協力して形成した財産という実質があれば、実質的共有財産として財産分与の対象となります。

財産分与を求める内容証明を書かれてもいいと思います。

男女問題についてのご質問・ご相談はこちらから

関連記事

結婚はしていないのですが、長年内縁関係にありました。一方的に相手から内縁解消を求められたのですが、財産分与や慰謝料請求できますか。

内縁関係にあたるかが問題ですが、内縁関係にあたると認められれば、婚姻関係に準じた法的保護を受けることができますので、財産分与や慰謝料請求ができます。

なお、相続はできません。

男女問題についてのご質問・ご相談はこちらから

関連記事

夫が不倫をしているようです。離婚できるでしょうか。

それだけではなんともいえません。

不倫している証拠がつかめれば離婚請求が認められる可能性が高まります。

証拠としては不貞の現場を探偵社などに頼んで写真におさめるなどといった方法があります。

ただし、不倫は一度でも不貞にあたりますが、一時の気の迷いとして離婚を認めなかった判例もあります。

状況によって異なるので一概には言えません。

男女問題についてのご質問・ご相談はこちらから

関連記事

夫が愛人をつくって家から出て行きました。愛人と結婚するために離婚したいと言ってきました。離婚に応じなければならないでしょうか。

夫の離婚の要求が認められるかどうかは、離婚した場合の妻や子供の経済状況などの事情によるので一概にはいえません。

しかし、まったく離婚の請求が認められないわけではありません。

このまま別居状態が続くと離婚が認められる可能性が高くなります。

男女問題についてのご質問はこちらから

関連記事

借金の取り立てが激しくて、妻に迷惑をかけまいと協議離婚をしました。その後取り立てが止んだので復縁を迫ったのですが、断られました。離婚の無効を主張して婚姻関係を復活させることはできますか。

自分の意思で離婚届を提出されているので、撤回は許されません。

離婚は完全に有効です。

妻が任意に再婚に応じれば別ですが、そうでなければ復縁は難しいでしょう。

離婚は届出の意思があれば有効とされると考えられています。

男女問題についてのご質問はこちらから

関連記事

このページの先頭へ