イメージ画像

慰謝料の額はいくらになりますか。

Share on Facebook

一概に言えるものではありません。

学説では、

  1. 離婚の有責性の程度
  2. 背信性
  3. 精神的苦痛の程度
  4. 婚姻期間
  5. 当事者の社会的地位
  6. 支払能力
  7. 未成熟子の存在
  8. 離婚後の要扶養

などを要素に決めるとしています。

慰謝料の請求は内容証明が役に立つでしょうし、

離婚協議書で金額が定まった場合はそれを公正証書にしておくべきです。

後で不払い問題が生じた際に手続きが楽になるからです。

内容証明・公正証書の作成、男女問題についてのご質問・ご相談はこちらから

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ