内容証明誓約書示談書作成代行

慰謝料

Share on Facebook

慰謝料

慰謝料が認められるのは、

  • 暴力
  • 精神的虐待
  • 不貞行為
  • 浪費
  • 借金
  • 性交渉の拒否
  • 病気を隠す
  • 過度の宗教活動
  • 犯罪を犯す

などで離婚に至った場合です。

反対に慰謝料を請求しても金銭を支払われないのは、

  • 原因が夫婦双方にある場合
  • どちらに婚姻破綻の原因があるとはっきり言えない場合
  • 離婚に至る原因を作った本人が慰謝料を請求した場合

などの場合です。

 

第三者に対する慰謝料請求

慰謝料の請求は、夫婦以外に対しても請求できます。

例えば、浮気相手に対して慰謝料の請求を行うことが可能です。

浮気は配偶者の権利を侵害しており、その行為は違法であるからです。

浮気に対する慰謝料請求は、夫婦が離婚に至る至らないに関係なく請求できます。

慰謝料の金額には、一般的な基準額はありません。

和解に至るにせよ、裁判を起こすにせよ事情により異なりますが、数十万円から200万円になることが多いようです。十分な証拠を揃えておく必要があります。

ただし、夫婦の婚姻関係が破綻状態にある場合であれば、夫婦の一方が配偶者以外の者と性的関係をもったとしても、必ずしも不貞行為になることはなく、慰謝料請求は認められない可能性が高いでしょう。

さらに、度を越して浮気相手を人前で罵倒したり、恐喝した場合は、反対に訴えられ慰謝料を請求されることもあります。

なお、浮気相手に対する慰謝料の請求は、その事実を知ってから3年以内に行わなければ時効にかかります。

嫁姑の関係がうまくいかないことが原因で離婚に至る場合に、その姑に対して慰謝料を請求することができ ます。

しかし、嫁姑問題は話し合いを行うのが難しく、当事者同士では慰謝料を請求するのが困難でしょうから、調停など公の方法を利用し た方が良いでしょう。

慰謝料の税金

原則的に、慰謝料に税金はかかりません。慰謝料は、心身に加えられた損害に対する賠償金であるため金銭による支払いの場合は非課税です。

関連記事

このページの先頭へ