内容証明誓約書示談書作成代行

戸籍と姓

Share on Facebook

離婚後の戸籍と姓

離婚後に戸籍はそれぞれ別になります。

親の戸籍に戻るか、新しく自分の戸籍を作らなければなりません。

結婚によって姓が変わった配偶者は、離婚後もとの姓に戻ります。

 

離婚後の戸籍と姓の選択には、3通りの方法があります。

  • 離婚前の戸籍と姓に戻る
  • 婚姻前の姓に戻り、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る
  • 離婚後も婚姻中の姓とし、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る

ただし、離婚後も婚姻中の姓を継続することもできます。

その場合は、離婚成立後3ヶ月以内に離婚の際に称していた氏を称する届を市区町村役場に提出しなければなりません。この届出は自分ひとりでできます。

3ヵ月を過ぎた場合は、家庭裁判所に氏の変更許可の申し立てを行うことになりますが、変更を求める理由が厳しく問われます。必ず離婚成立後3ヶ月以内に手続きを行うようにして下さい。

子供の戸籍と姓

原則

子供の戸籍と姓は、離婚前と同じです。

例外

例えば、子供が結婚前の旧姓に戻った母親と同居をしている場合など、子供の戸籍と姓が母親と異なることによって、社会的に不都合を感じているときは、子供の戸籍と姓を変更することができます。

手続

  1. 母親が結婚前の籍に戻った場合は、自分が戸籍の筆頭者となる新しい戸籍を作る。
  2. 子供の住んでいる住所を管轄する家庭裁判所に子の氏の変更許可の申立書を提出。
  3. 家庭裁判所に子供の姓の変更が認められれば、許可審判書が交付。
  4. 市区町村役場に入籍届けを添えて提出。

 

備考

  • 子供が15歳以上の場合は、本人の意思により戸籍と姓の変更の許可を申し立て可能。
  • 但し、15歳未満の場合は、親権者でなければ手続きを行えません。
  • また、同居した親の戸籍と姓に変更した後でも、子供が成人し、旧姓に戻ることを希望すれば、本人の意思で戸籍と姓を選択することができます。 届出は、20歳から21歳になるまでの1年以内に市区町村役場に行わなければなりません。

関連記事

このページの先頭へ