イメージ画像

離婚の際は離婚協議書を作成しましょう

Share on Facebook

このつぶやきは重要なのでトップページに同じものを用意しました。

どこで読んでいただいてもいいのですが、非常に重要です。


離婚が増えているというニュースをよく耳にします。

その9割が協議離婚だそうです。

普通に離婚届にサインして提出する離婚です。


その際に離婚協議書を作成していない場合が意外と多いようです。

理由をうかがってみると、

大した財産もないし・・・

とにかく別れたかったから・・・

などといったことをよく耳にします。


しかしです。


どのような事情があれきちんと離婚協議書は作ってください!


別におどかすつもりはありませんが、離婚後に相手が心変わりをして慰謝料を請求してきたりすることはよくある話です。

離婚の時に子供には定期的に会わすと言っておきながら、実際は会わさない・・・

養育費を無視する・・・

財産分与もしてこない・・・

いろいろと問題が起こります。


このような問題は、離婚協議書を作っておくだけで完全に防げる問題でない場合もあります。

しかし、離婚協議書があるのとないのとでは約束を破るおそれや、約束を破った後の守らせ方などが非常に大きく違います。


残念ながら人の気持ちは変わります。

書面にしたからと言って将来の紛争が全くなくなるわけではありませんが、きちんとした書面をつくっておくことは非常に重要です。

公正証書にしておけば金銭については裁判を起こす必要なく強制執行をすることができるような文言を入れますし、

そうでないにしても重要な証拠になることは間違いないです。

離婚のときには必ず離婚協議書を作成しておくようにしましょう。


離婚協議書についてのご質問ご相談はお気軽にどうぞ。

メール・電話相談は無料です。

TEL 0775354622(平日 9:00~19:00)

メールはこちら

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ